おすすめの習い事とは

>

なぜ小学校低学年に習い事がオススメなのか

スイミングは習い事の定番

小学校低学年に習わせたい、若しくは習わせているという習い事でほぼ首位、もしくは上位に確実に上がる習い事というのがスイミングです。
月謝の相場もおおむね5,000円から1万円未満というお手頃な値段であるというのもその魅力の一因となっているようですが、何よりスイミングが人気なのはその得られる効果です。
スイミングでは、膝や腰への負担を軽減しながら、全身運動ができます。遊びながら必要な筋力を養えます。また浮力を幼い頃から体感することで、水に対する不安感を軽減する効果もあるといわれています。
将来にわたって泳げるか否かということも含めて、水に対する心の抵抗を排することは、様々なことにチャレンジする気持ちを助長することにも一助となるのです。

心肺機能の強化にも重要

スイミングはこうした筋力の向上、やる気の助長はもとより、心肺機能の向上にも大きな影響をもたらします。小学校低学年となればこれからの成長にも必要な体力をつけたい頃です。とはいえ、やみくもに運動させても簡単に心肺機能の向上を期待できるものではありません。遊びの一環として心から楽しめることにしか、小学校低根学年の子供たちは興味を示しづらい。身体を鍛えさせようとしても、やる気が伴わないなど、なかなかうまくいかないことも多いものです。
スイミングは水の中で遊んでいるだけで、心肺機能の向上に大きな効果をもたらします。遊びながら体を鍛えさせることは、その後の成長にも大きな良い効果となります。
そのため、その後の習い事の基礎としてスイミングを習わせている親御さんも増えています。


この記事をシェアする