おすすめの習い事とは

>

脳の成長にも影響がある習い事とは

ピアノで指先と頭のトレーニング

指先の強化は、脳のトレーニングに大きな効果を生むといわれています。そのため、指を動かすピアノは男女を問わず、小学校低学年から人気の習い事です。
指を動かすということだけではありません。身近な環境で音に触れることができるため、リズム感や音感を幼少期から身につける効果も期待できます。これは、成長後にも良い効果を生みだす可能性があります。
とくにピアノは、音を生み出す鍵盤をたたくことで、音楽を発するもの。自分の指で叩くことで音色が発せられる面白さを実感すれば、音楽の面白さを基点として、集中力がいや増すことも期待できます。
かつては高額な月謝がネックとなりがちでしたが、近年は安価な教室も増え、注目度も上がっているようです。

外国語で頭のトレーニングも

小学校から外国語の授業が導入されたこともあり、外国語の習い事も人気が高まっています。とくに英会話教室などは、初めて外国語に触れる子供たちにオススメの習い事です。
英語に幼い頃から慣れ親しむことで、英語に対する抵抗も少なくなり、勉強として英語に馴染むのではなく、興味や好奇心の一つとして英語を受け入れることができるようになります。また、外国語の発音なども、心や脳が柔らかいうちに受け入れることで、無理や抵抗を感じずに取り入れることができ、ネイティブスピーカーの発音も理解でいるようになるのだとか。
成績を重要視するのではなく、好奇心の向く方向に素直な気持ちで英語と親しむことで、国際社会に通用する人間の形成にもつながります。


この記事をシェアする